SEOを意識したサイト作りをしよう

SEOを意識したサイト作りをしよう

SEOを意識したサイト作りをしよう

SEOを意識したサイトを作るためにまず、サイト作りは文章(html)と装飾(CSS)を分けて、作っていきましょう。

 

なぜ、別々にするかというと、検索用ロボット、クローラーが文章(html)を読んでくれるからです。 

 

次にタグを使ってみましょう。

 

タグを一つ入れるだけで検索がヒットしやすくなります、しかし逆に入れすぎは逆効果です。

 

検索エンジンはhtmlの上のほうに入れた文章を重要視してくれるので、文章の一番上にヒットしてくれそうな入れたい言葉を入れましょう。

 

検索エンジンのキーワードとして登録が可能なのが文章のみといわれています。

 

そこで、内部リンクも反映してくれるのでSEO対策としてはコンテンツの充実性も重要になりますね。

 

ただ、サイトが1ページあるのではなく、そのほかにもいくつも内部サイトがあるページの方が内部サイト一つ一つにヒットすることもあるので必要なのですが、あまりごちゃごちゃ内部サイトを入れすぎてしまうと、すべてにヒットはしないようです。

 

ですので、顧客の読みやすい程よく充実したページ作りが集客も見込めて、Seo対策にもなるサイトになるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ